ピルと不正出血の関係

性行為後でも避妊をすることができるとして、ピルを服用する女性も多いですが、中には不正出血を起こすケースもあるといわれています。
この不正出血とは、生理の時以外の女性器からの出血のことであり、これまで経験したことがない人はびっくりしてしまうこともあります。
どの程度の出血が見られるかについては、個人差がありますが、人によってはうっすらと血が混じる程度の人もいれば、生理時と同じくらいの出血が見られることもあります。
ここで重要なのは、血液の量ではなく、放置しておかないということになります。
もしかしたら、ピルの影響ではなく、何か他の病気によって不正出血が起こっている可能性もあるので、一度専門医に診てもらった方がよいということになります。
なぜ、ピルの服用中に不正出血が起こるのかというと、ピルの作用でホルモンバランスが崩れることによって引き起こされることがほとんどだと考えられています。
特に低用量のピルの服用により、黄体ホルモンの子宮内膜維持力を助ける黄体ホルモンの量が少ないことにより起こります。
また、低用量ピルの場合は、生理初日の服用開始が基本となっているので、子宮内膜の剥脱が十分に行われずに終了してしまうことがあります。
要するに、通常は生理で出血するはずなのに、この出血が行われずに維持されている状態になっているということになります。
このピルの影響により不正出血が現れている場合は、それほど問題はないことが多いです。
ただし、先ほども述べたように、病気が原因の恐れもありますから、婦人科の検査は必要であると考えられます。
特に、これからピルを服用しようと考えている人は、このような不正出血が起こり得るということを理解しておいた方がよいでしょう。

ピル服用後の不正出血の原因と対策

ピルの服用を始めた人の3人~4人に1人は不正出血を経験していると言われています。
理由は服用中にある程度子宮内膜が厚くなり、そして休薬期間中に子宮内膜が剥がれ落ちる、というサイクルを繰り返しているのですが、ピルを服用し始めるスタートは生理の初日からという人が多くいます。
そのため、ピルを服用する前までの厚い子宮内膜が、服用を始めたことによって剥がれ落ちる働きにストップがかかってしまうため、本来なら剥がれ落ちてしまうはずの子宮内膜が全て剥がれ落ちずに残ってしまうことがあります。
残った子宮内膜はそのままとどまることはせず、子宮から排出しようとする力が働いています。
そしてそれがいつまでも排出されていくために不正出血となってしまいます。
ピルを使い始めて時間が経っているのに不正出血が起こる場合には、本来なら消退出血が起こらない時期に不正出血という形で子宮内膜が剥がれ落ちてしまっているため、本来の休薬期間に訪れる消退出血の時に子宮内膜が剥がれ落ち切っていないというケースがあります。
そのため、ピルを服用し始めたときのように不正出血が続いてしまうことがあります。
このような場合には薬の種類を変えてみたり、配合されているホルモン量の多いものを使用してみると、不正出血が解消されることがあります。
他にもピルを飲み忘れてしまったり、体調不良でピルの成分を身体がしっかりと吸収できない状態の場合には、不正出血が起こってしまう可能性があります。
また、ピルが原因ではないケースもあります。クラミジアや淋病といった性病の場合にも不正出血が続くことがあります。
あまりにも長期間にわたって続くときには病院で検査を行った方が良いでしょう。

ピルの副作用と注意事項について

ピルを服用中、吐き気や頭痛、不正出血などの副作用が現れることがあります。
おもに、ピルの飲み始めに現れる症状で、ホルモン環境が変わったのが原因です。
2~3シート飲むうちに症状はなくなりますが、症状が続いたり、強い場合には、ピルの種類を変えることで改善されることがありますので、医師に相談してください。
ピルの重篤な副作用として、血栓症の発症が指摘されています。
血栓症は、血液の塊が生じて血流を妨げ、場合によっては命に関わる恐れがある病気です。
ただし、服用前にリスクの有無を確認することで、血栓症の発症を避けることができます。
高齢、喫煙習慣、肥満、高血圧など、血栓症リスクが高くなる原因はわかっています。
ピルを処方してもらうために医療機関を受診した際に、指導がありますので従ってください。
また、継続して服用するなら、現在は健康でも定期検診を受けることをおすすめします。
激しい頭痛や胸の痛み、ふくらはぎの痛みなどは血栓症の前兆ですので、これらの症状が出た場合には、ピルの服用を中止して、医療機関を受診しましょう。
この他、他の薬との飲み合わせについても注意が必要です。市販の薬は、種類にかかわらず、併用して問題ありません。
医師に処方してもらう薬のうち、テトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質は、ピルの吸収を妨げて、避妊効果を低下させ、不正出血が起こる可能性があります。
これらの薬は比較的よく処方されますが、他の薬で代替できますので、医師に相談してください。
この他にも併用すると避妊効果が低下する薬はあり、また、併用した薬の作用が強く出るケースもあります。
薬を処方してもらう際には、ピルを服用中であることを必ず医師に告げるようにしましょう。

■もしものためにピルを準備!
モーニングアフターピル
■病院に行ったりするのは恥ずかしいですよね
トリキュラーの通販 | トリキュラー
■副作用が少ないピルはこちら
ヤーズ